コラム

ご縁とリカちゃん人形

代表取締役 萩原 誠

 私は2001年より19年間、おもちゃのタカラの創業者佐藤安太さんより、「佐藤安太実践経営塾」で経営学を学ばせて頂きました。皆さんご存知のダッコちゃんやリカちゃん人形を創られた方です。2001年8月にタカラを退任された佐藤安太さんにある講演会で出会い、そのご縁で実践経営塾の塾長をお願いしました。

190716-1 タカラ時代の佐藤安太さんは、昭和35年発売の社会現象を起こしたダッコちゃんで大成功を収められましたが、ブームは半年で去り大きな在庫を抱え、あえなく倒産されました。その後一念発起され、永遠に売れる商品作りを目指してリカちゃんが生まれました。それからは人生ゲーム、チョロQ、トランスフォーマー、フラワーロックと大ヒット商品を連発されました。


190716-2 リカちゃん人形は2017年に50周年を迎えましたが、その時佐藤塾長は「リカちゃんが50年間愛され続けることができたのは、日本が戦争することなく、奇跡的に幸せだったということだね」と考え深げに話されていました。
 その後83歳で山形大学に入学し直し、86歳で工学博士号をお取りになったときには塾生一同大変驚きました。自らの生き様を通じて、私たちに人として経営者としての生き方と、人は幾つになっても成長し、進化発展できること教えて頂きました。残念ながら今年の2月に体調を崩され、その後回復されることなく、永久の別れとなりました。享年94歳でした。本当に公私共にお世話になり、感謝の気持ちで一杯です。

 最後に佐藤安太さんが大切にされた言葉を送ります。
『人生』
「人生は仕事がすべてでもありません。お金がすべてでもありません。成長し続け、究極の目標に向かっていくのが人生です。
『成功と失敗』
「たくさんの小さな失敗をして、たくさんの小さな成功をしてきて、失敗からは学び、成功は育てる。それがいくつかの大きな成功に結びついた」

190716-32004年当社経営計画発表会当時の佐藤安太塾長
注)商品写真は日本玩具文化財団より許諾を頂いております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加