コラム

萩原印刷メルマガ

Webだけではないリアルマーケティングとの連携(2017年1月30日配信)

クロスメディア部

◎ コラム ◎ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Webだけではないリアルマーケティングとの連携
—————————————————————————-

最近、「Webマーケティング」という言葉をよく耳にします。

積極的に取り組む企業が非常に増えており、
むしろ「マーケティングは、Webなしには考えられない」
という時代になっています。

Webマーケティングでは、文字どおり「Web」だけが注目されがちですが、
実はリアル(実店舗や紙媒体、実際の体験など)からの誘導を行うことで、
さらに効果が高まります。

多くのユーザーと複数の接点(場所や媒体など)を持ち、
Webサイトに誘導することで、アクセス解析で参照元を確認したり、
どの地域からのアクセスが多いのか、どのページに多く着地しているのか、
年齢や性別はどのような分布なのかがわかり、
Webだけ、リアルだけではできない分析が可能になります。

Webとリアル両方の施策をトータルで考え、
組み合わせや連携の仕方を決め、実施していくことを、
特に物販の世界では「オムニチャネル」といいます。

物販ではない業界でも、今後ますます、
Webとリアルの連携が必要となってくるでしょう。


————————————————————————-
□ リアルとの連携方法を「紙→Web」と「Web→紙」で考える
————————————————————————-

では、Webではないところで、消費者はどのように情報と接するのか。
代表例としては、以下の媒体やコンテンツがあるでしょう。

・実店舗(書店、スーパー、コンビニ、ショッピングモールなど)
・書籍、雑誌などの紙媒体
・新聞、チラシなどの紙媒体
・看板などの屋外・屋内広告
・電車、バスなどの交通広告
・テレビ、ラジオなどのマスメディア

いわば、人が行き交うところ、人の目に触れるところすべてが接触点です。

中でも、Webサイトは紙媒体と連携させることが
もっとも容易といってよいでしょう。

紙媒体には上記のほか、チラシ、パンフレット、名刺、封筒など、
さまざまなものがあります。

Webサイトが得意なこと、紙媒体が得意なことの両面から、
効果的な施策を組み立てることが大切です。

まず、消費者に行動をうながすには、次の2つのアプローチがあります。

1)紙→Web型

紙媒体に触れたユーザーをWebへ誘導する方法。

たとえば、書籍発売告知のためのチラシやパンフレット、
新聞広告などからWebに誘導するなど。

2)Web→紙型

Webに訪れたユーザーを紙に誘導する方法。

書籍の特設サイト(ランディングページ/LP)で、
書籍を実際に手にしてもらうまでを支援するなど、

では、両方のアプローチについて、具体的に考えてみます。


————————————————————————-
1)紙→Web型(紙媒体に触れたユーザーをWebへ誘導する)
————————————————————————-

チラシやパンフレットを消費者に届けるには、たとえば

・イベントやセミナーなどで配布する
・書店で袋に同梱してもらう
・お店で平置きや棚置きのものを手にとってもらう

といった方法があります。

実際に手にとったユーザーの中には、
より詳しい情報が知りたい人もいるでしょう。

また、提供側としても、チラシやパンフレットには載せきれなかった
情報を知ってもらいたい、という気持ちがあるはずです。

紙媒体からWebサイトに誘導するには、

・QRコードを掲載する
・URLを掲載する(続きはWebで)
・検索をうながす(○○で検索)

が一般的な方法です。

当然、紙の情報以上に、Webサイトに何らかのコンテンツを
用意していないと、Webに誘導しても意味がありません。

また、紙の情報で興味を抱かなければ、
Webにアクセスしようという気にはなりませんので、
まずは興味を引く情報を掲載し、
そこからWebにしかない情報があることを示すのが大切です。

たとえば、Webでは書籍の一部がお試しで読めたり、
動画や音声などのコンテンツが楽しめたり、といったことです。
紙では表現できない動画や音声は、Webへの誘導に効果的です。

もちろん、チラシやパンフレットだけでなく、
広告でもこのような誘導が可能です。
たとえば「Web限定ムービー」を公開し、
テレビCMなどからWebに誘導する企業が増えています。

消費者としては、わざわざWebにアクセスするのだから、
楽しい情報、役立つ情報がなければ満足しません。
せっかくWebに来たのに残念だ、と思わせない工夫が必要です。


————————————————————————-
2)Web→紙型(Webに訪れたユーザーを紙に誘導する)
————————————————————————-

チラシやパンフレットでその書籍をはじめて知った人、
買おうかどうか迷っている人、買うことを決めている人、
実際に買った人では、ほしい情報に違いがあるでしょう。

したがって、Webには、

・購入を決断してもらうための情報
・購入前や購入後にも楽しめる情報

の2つが必要です。

また、Webならではの拡散力を活かすには、
ソーシャルメディア(FacebookやTwitterなど)を使うことも大切。

私たちの生活を振り返ってもわかるとおり、
消費者をチラシやパンフレットからWebに誘導することは、
実はそう簡単ではありません。

チラシを1万枚配っても、Webへの誘導は100に満たない、
といったケースが、けっして珍しくないのです。

ソーシャルメディアの活用は、人手以外のコストはかかりませんし、
Webへの集客にダイレクトに貢献してくれます。

もうひとつ大切なことは、アクセスした人に、
どのような行動をしてほしいかを、わかりやすく伝えること。

具体的には、

・全国書店で購入できることをしっかりと掲載する

・書籍の購入ボタン(Amazonへのリンクなど)を、
 目立つように大きめに置く


・直販会や書店でのイベントなどがある場合は、
 告知ページや申し込みページへのリンクを置く

・購入後のユーザーに対しては、
 ソーシャルメディアで紹介してもらったり、
 Amazonなどの購入サイトでレビューを書いてくれるようにうながす

といったことです。

——————————————————————————-

紙からWeb、Webから紙のどちらも、組み合わせ方、
コンテンツの提供の仕方や見せ方をしっかりと考えましょう。

大切なのは、それぞれを別々に考えるのではなく、
トータルでどのようなユーザー体験を提供するのか、
また、どのように補完し合うのかを考えることです。

また、今回は書籍を例にしましたが、
商品によって最適な連携方法は変わってきます。
工夫を積み重ねて対応していきましょう。

弊社では、このようなことを一緒に考え、
お手伝いをさせていただくことができます。
ぜひお気軽にご相談ください。


▼参考
Webにはないインパクトを発揮するオフラインマーケティング5つの手法
https://innova-jp.com/3251/

▼参考
紙媒体とWebサイトの戦略的な連携方法
https://sooi.co.jp/437/

萩原印刷株式会社 クロスメディア部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加