コラム

検査装置導入!

製造部

遡ることおよそ2カ月、10月24日、ついに2・3号機に高性能の検査装置の取り付け工事が始まった。

141215-1
141215-2多くの機材が、工場に送られてきて、2号と3号機の周囲に並べられた。そのため、機械周りが一気に狭くなり、検査装置が取り付けられ、すっきりするまでに4日くらいかかって大変だった。

試験運転が始まると、いろいろなトラブルがあり、1つずつ解決しながら、調整も入り、本格稼働するにはさらに1週間ほどかかった。
こんな風に導入した検査装置は、ゴミなどのないキレイなデータと印刷物を一枚一枚照らし合わせて、不良の有無を教えてくれる。

実際、紙粉による文字欠けや、紙にもともと付いていた小さなゴミまで的確に発見してくれ、人の力ではなかなかできないことをしてくれる頼れる機械だ。

141215-3現在は、ゴミや油垂れ、シワといった大きなクレームになりうるものに気づいて対処できるようになったので、刷り直しの手間や損金がかかるリスクも減るようになった。

今まで以上に良い製品を届けられるようになったので、これからもがんばるぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加