コラム

自分史フェスティバル2014

クロスメディア部

「自分史フェスティバル2014」自費出版の森ブースみなさん、こんにちは。萩原印刷クロスメディア部の村田です。

8/12、13の2日間、品川のきゅりあんで「自分史フェスティバル2014」が行われました。
「自分史で日本を元気に!」というビジョンを掲げ、去年からスタートした日本で唯一の自分史のイベントです。
自分史に関する基調講演やセミナー、企業の出展ブースがあり、両日ともたくさんの方が来場されました。
自分史は近年、注目されています。「自分史を書きたい!」という方は年々増えていますし、また本やビデオなどの形に残すサービスも多くなってきました。

「自費出版の森」ブース風景私たち萩原印刷は岡山の日宝綜合製本と共同で「自費出版の森」を展示ブースへの出展参加と2日間のプレゼンテーションを開催しました。
普段の仕事では、PCの画面と向き合って過ごしている私なので人前に出るこういったイベントはドキドキでしたが、周りの雰囲気もあり、来場された多くの方とお話をさせていただくことができました。

私がお話させていただいた中では「自分の体験や想いを家族に伝えたい」「家族からの絵手紙を一冊にまとめたい」「母の大変だった苦労を書き残したい」といった方がいらっしゃいました。
どなたも胸に持っている大切な想いがあり、「本に残したらきっと素敵な一冊になるのにな…」と思いながらお話をさせていただきました。

また「綺麗な文章なんて書けないから」と遠慮がちにお話されていた方もいらっしゃいましたが、「自分の言葉の方がより伝わりやすい」というのも自分史の特徴なのではないでしょうか?
「自伝」や「伝記」ではなく「自分史」なので、まずは自分のため、そして読んでもらいたい方々を思いやって書くことで「素敵な自分史」に仕上がると思います。

自分史アドバイザー準備も含めて3日間、ほぼ立ちっぱなしだったので疲れもしたのですが、たくさんの方とめぐり合い、お話をさせていただき「本を作る方の想いにしっかりと応えられなければならない」と痛感した2日間でした。

「自費出版の森」はご自分のPCで簡単にレイアウトができて、しかも1冊から本を作ることができるサービスです。
今はまだ「多くの方に知ってもらい、試してもらいたい」段階です。ご興味ある方は是非、一度お試しいただけると非常に嬉しく思います。


また8/31(日)と9/7(日)の13:00~16:00には当社で「自費出版の森 活用講座」を開催します。
内容は以下の通り。※受講料は500円です。

「自費出版の森 活用講座」8/31(日)、9/7(日)13:00~16:00開催・専用の無料アプリのインストール
・アプリを使ったレイアウトの説明
・電子書籍、本の発注手続きの説明

メールアドレスとノートパソコンをお持ち頂ければご自分のパソコンでご自分の自分史のレイアウトを行うことも可能です。
席にはまだ余裕がありますので、参加をご希望の方は電話またはメールでご連絡ください。[ 概要pdfを見る ]

Tel 03-3844-4633
E-mail mystorybook@hg-prt.co.jp

またまた緊張でドキドキだと思いますが、精一杯ご説明させていただきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加