コラム

萩原印刷クロスメディア部メルマガ vol.03

日本の電子書籍市場の動向(2013年3月15日配信)

クロスメディア部

■ コラム ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の電子書籍市場の動向
~噂だけだった各ストアの動きが現実のものに~
—————————————————————-

日本の電子書籍市場の動きが、かなり活発になってきました。

アップルのiBooks日本語版サービスインや各ストアのEPUB対応など、
今まで噂だけだった話題が現実のものとなってきています。

アップル「iBookstoreで日本語の本、販売開始。」
http://www.apple.com/jp/apps/ibooks/

有料の新書や小説、マンガなどに充実したサンプルを提供しているほか、
夏目漱石、太宰治、宮沢賢治などの古典を無料で読むことができます。

—————————————————————-
■ 電子書籍フォーマットが「EPUB」に集約
—————————————————————-

電子書籍フォーマットは2012年10月に日本でサービスをスタートした
アマゾンのKindleストア以降、日本国内の電子書籍フォーマットは
EPUBがスタンダードになりました。
(KindleストアではEPUBをmobiに変換したファイルが配信されます)

EPUBは、HTMLとCSSというウェブの技術をベースにしています。
デジタルデバイスがますます多様になる今日、
電子書籍の世界も急速に「ウェブ化」しています。

EPUB配信に対応していない電子書籍ストアもまだあるようですが、
日本の電子書籍を牽引してきたシャープが運営する
GALAPAGOS STOREがEPUB3に対応したニュースからも、
遠くない将来にフォーマットはEPUBに集約されると見ています。

INTERNET Watch「GALAPAGOS STOREがEPUB3に対応」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130222_588899.html

電子書籍ストアはプラットフォームを選ばないアマゾンのKindleストアに、
アップルのiBooks Storeがどこまで対抗できるのか、
国内の電子書籍ストアがどう立ち向かうのか、目が離せません。

—————————————————————-
■ ほか、参考記事はこちら
—————————————————————-

ITmedia eBook USER「ビットウェイとBookLiveが合併」
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1303/01/news076.html

ITmediaニュース「auのブックパスがiOS対応」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/04/news117.html


萩原印刷株式会社
クロスメディア部 一同


■ 後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近のブラウザ事情の続き・・
—————————————————————-

先月配信したvol.2では、最近のブラウザ事情をお伝えし、
どれだけ新しいブラウザを弊社がおすすめするかわかっていただいたと
思っていますが、いかがでしたでしょうか。

(「メルマガ vol.02:最近のブラウザ事情」をお読みなっていない方で
ぜひ読みたいという方は、このメルマガに「vol.2読みたい!」などと
ご返信いただければ、お送りします!)

そんな最近のブラウザ事情でしたが、最近は現状のPCサイトの
スマートフォン対応やタブレット対応の依頼が増えてきています。

スマートフォン用に新しくサイトを作るのか、
レスポンシブWebデザインによるスマホ対応か。

新規サイトではスマホ対応も一緒に! という依頼も増加中です。

この辺りの事情は、次のメルマガでお伝えする予定です。

周りに興味がありそうな方がいらっしゃったら、
メルマガ登録をおすすめしてくださいね(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加